☆tsune☆のぶろぐ

福島の会津から

【会津に住むおじさんが日曜日に観光道路を縦断ドライブした話 磐梯山ゴールドライン~磐梯吾妻レイクライン~磐梯吾妻スカイライン】

 こんばんは。tsuneです。

 

 今日は6月14日(日)に会津の観光道路を縦断ドライブしたお話です

 なぜ、このドライブに行ったかというとこのツイートを観たからです。

  

 というわけで前の日は夜9時ちょっとすぎには寝てしまい朝は5時に自然と目が覚めました。そこからシャワーを浴びて家を出ます。

 これは雲海も見れるかもしれない!ゴールドラインを登ろう!ということでゴールドラインの入り口に向かいます。

 

〈目次〉

 

 

磐梯山ゴールドライン

 車を走らせているとだんだん霧が晴れてきてしまいました。これは急がねば!

f:id:simauma10:20200616234916j:plain

 これから晴れてきそうな気持ちの良い朝です。

 ゴールドラインの入り口からゆっくりと登っていきます。朝だからか他の車はあまりいません。

f:id:simauma10:20200617000025j:plain

 広場に停まって猪苗代湖を眺めると湖の上に雲がかかっています。

f:id:simauma10:20200617000459j:plain

 磐梯山の雲も晴れてきてお日様も出てきました。

f:id:simauma10:20200617000724j:plain

 ゴールドラインは表磐梯から裏磐梯に抜けていきます。

 ゴールドラインの終点です。

f:id:simauma10:20200617002334j:plain

f:id:simauma10:20200617002411j:plain

磐梯吾妻レークライン

 ゴールドラインを抜け裏磐梯に出ました。檜原湖から五色沼方面に車を走らせます。

 次は磐梯吾妻レークラインを抜けていきます。レークラインは檜原湖、五色沼をめぐるように道路が伸びています。

  今は新緑が濃くなってなかなか湖を見ることができませんがそれでも所々停まって見ていきます。

f:id:simauma10:20200617002454j:plain

 小野川湖が見える道路脇の駐車場に車を停めます。

f:id:simauma10:20200617002629j:plain

f:id:simauma10:20200617002747j:plain

 んー木が生い茂って見えません(>_<)

f:id:simauma10:20200617002855j:plain

 道路は道幅も広くてきれいで走りやすいです。しかも交通量が少ない(^_^)でも、けっこうバイクは多いかもです。

f:id:simauma10:20200617003024j:plain

f:id:simauma10:20200617003111j:plain

 道路脇には何か所もこのような広場があります。

f:id:simauma10:20200617003339j:plain

f:id:simauma10:20200617003414j:plain

 ここからは三つの湖が見えるそうです。

f:id:simauma10:20200617003526j:plain

 磐梯山の噴火口が見えます。

f:id:simauma10:20200617003616j:plain

 長く伸びた直線もあります。このあたりからバイクが多くなってきました。

f:id:simauma10:20200617003756j:plain

f:id:simauma10:20200617003840j:plain

 緑の森が気持ちいいです(^_^)

 さらに進んでいくと中津川渓谷の入り口になるレストハウスがあります。

f:id:simauma10:20200617003945j:plain

 バイクはここに集まっていました。

f:id:simauma10:20200617004128j:plain

 レイクラインの一番奥に秋元湖があります。

f:id:simauma10:20200617004303j:plain

 レークラインを走り抜け次は磐梯吾妻スカイラインに向かって一般道を走ります。

 一般道にはきれいに整備された堰がありました。

f:id:simauma10:20200618000405j:plain

f:id:simauma10:20200618000444j:plain

 左に曲がってスカイラインに進みます。

f:id:simauma10:20200618000608j:plain

 ここから国道115号線ですね。

f:id:simauma10:20200618000923j:plain

 こんな看板も(笑)

f:id:simauma10:20200618001021j:plain

 今、登ってきた道です。けっこう登ってきましたね。

f:id:simauma10:20200618001140j:plain

 車を停めて写真を撮っているとこんなきれいな虫が車の中に入ってきました。

f:id:simauma10:20200618001247j:plain

f:id:simauma10:20200618001324j:plain

磐梯吾妻スカイライン

 

f:id:simauma10:20200618001419j:plain

 やっとスカイラインの入り口です。ここから浄土平目指してさらに登っていきます。

f:id:simauma10:20200618001529j:plain

f:id:simauma10:20200618001601j:plain

 所々にこのような駐車場があります。天気が良くて気持ちいいです。

f:id:simauma10:20200618001705j:plain

 道路の所々に標高が書いてあったりします。

f:id:simauma10:20200618001933j:plain

f:id:simauma10:20200618002004j:plain

 

f:id:simauma10:20200618002047j:plain

 やっと吾妻小富士が見えてきました。

f:id:simauma10:20200618002159j:plain

 すげー。なんだあの山はー。

f:id:simauma10:20200618002312j:plain

 たぶん子供の頃遠足とかで来たことあると思うのですが初めて見たような感動です。

f:id:simauma10:20200618002421j:plain

 ここが浄土平の駐車場です。浄土平環境美化費として駐車料500円です。

 さて、どこからツイートの道路が見えるのか?もう一度ツイッターで調べてみます。

  ありました。矢印のところから写真みたいに見えるらしい!ということは山を登らなくちゃいけないらしい(>_<)

 ここまできたら登るしかありません!

f:id:simauma10:20200618003002j:plain

 この石と丸太で出来た登山道を登ります。

f:id:simauma10:20200618003115j:plain

 登山道はこんな感じです。ゆっくりいきましょ(^_^)ここまで来ると天気は良いですがけっこう涼しいです。でも登っている間に汗が出てきました。

f:id:simauma10:20200618003257j:plain

 そして登り切りました!

 まずは火口をのぞきました。

f:id:simauma10:20200618003743j:plain

 ここが火口です。うわーすげーと思わず声が出てしまいました。

 火口を一周できるようです。

f:id:simauma10:20200618003920j:plain

 こんな風に所々岩が積んであります。

 そして、あの景色も探します。

f:id:simauma10:20200618003345j:plain

 おーなんか近づいてきた感じがします。もう少し火口を歩きます。

f:id:simauma10:20200618003556j:plain

 おーこれだー!これはすごい!まさに海外です(^_^)

f:id:simauma10:20200618004215j:plain

 これはすごいわ。来てよかった。

 次は頂上をめざして火口を歩いていきます。

f:id:simauma10:20200618004336j:plain

 すごい荒々しい景色です。

f:id:simauma10:20200618004519j:plain

 そしてここが頂上です。

f:id:simauma10:20200618004702j:plain

 火口も。吸い込まれそうな感じです。

 ここから火口を一周して登山道に戻りました。

f:id:simauma10:20200618004905j:plain

 下に降りて駐車場にあるレストランでソフトクリームを食べました(^_^)

f:id:simauma10:20200618005037j:plain

 激うまでございます(#^^#)

 ソフトクリームを食べ終わって車に乗って先ほど写真で撮った道路を走りました。

 火山性ガスが出ているとのことで道路上では車を降りれないようです。

 スカイラインを終点まで走って福島市に出て帰りは土湯峠を通って会津若松に帰ってきました。

 

 これが日曜日に観光道路を縦断ドライブした記録です(^_^)

 

 tsuneでした。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。